やきいもとは

やきいもとは

素朴な見た目と裏腹に、中身は栄誉満点!美肌に効果があるビタミンCや老化防止のビタミンE、食物繊維は便秘解消に効果的など、女性にうれしい効果がたくさんあります。普段あまり食べないという方も、ぜひこの機会に食べてみてはいかがでしょうか?

色々な食感

一昔前はやきいもと言えば「ほくほく」系。
今は「ねっとり」系や「しっとり」系といったものもあります。
食べ比べて、自分の好きなさつまいもを見つけてみませんか?

冷やし?焼き?

熱々のイメージしかない焼きいも。 しかし、熱いものがあれば冷たいものもあります。 夏でもひんやりと甘い、デザート感覚の焼きいも。

KOGUMAの完熟やきいもは冷やしたほうが断然おいしい!その甘さはまさに天然のスイーツ!
ご購入後はすぐに冷蔵庫で冷してください。熟成が進み甘さがアップします!
お召し上がりの際は常温で数時間経過させ、お好みの柔らかさにしてください。

017

ヘルシー食材

砂糖不使用なのに甘い! さつま芋本来の甘さだけで美味しくいただけるヘルシー食材。 腸の掃除をしてくれる食物繊維、美肌にうれしいビタミンCなど、 思わず食べ過ぎてしまいそう?

おなら

おならは、腸内細菌(善玉菌)が食べたものを分解する時に発生するガスです。 さつまいもの主成分であるデンプンが消化しにくいため、 腸内細菌と腸の煽動運動が多くなり、おならが出やすくなります。 しかも、善玉菌が分解したガスなので、このおならはほとんど臭くありません。 また、おならが出るのは大腸が正常に働いているからです。 気になる場合は、皮ごと食べると消化の助けになりおならの発生回数を減らせます。

アンチエイジングに効果あり!

やきいもは美味しくてヘルシー。 老化防止成分がたくさん入っています。 ビタミンC(りんごの10倍)と食物繊維がアンチエイジングに効果的。 抗酸化物質のビタミンCはメラニン色素の沈着を抑え美肌効果が期待できます。 肌荒れ防止にも効果的。 また、食物繊維は腸内環境を整えて免疫機能をUPさせてくれます。 これは老化防止につながります。

012

やきいもは高カロリー?

軽めのごはんとやきいも1/3がほぼ同じカロリー。 ショートケーキは1個で約340キロカロリー。 やきいもの方が低エネルギーで腹持ちがいいので、少量でお腹いっぱいに。 更にやきいもの方がビタミンや食物繊維が多く、添加物も無し! でも、食べ過ぎには注意しましょう。