湿気やカビは大丈夫?押入れ・クローゼットの断捨離を考える

押入れ

押し入れやクローゼットを開けると、そこはブラックホールになっていた…という経験はありませんか。

今まさにその状態!という方も多いはず。
それもそのはず、クローゼットや押入れは扉やふすまを閉めることで中が見えない状態になるため、「とりあえず」の置き場や収納場所になっていることが多いのです。

しかしながら、一度入れてしまったそのモノは、使うことはほとんどなく、「とりあえず」のつもりが「ずっとそのまま」になってしまう。

いつか掃除して、いつか片付けよう。
そう思っているうちに、押し入れやクローゼットの中だけでなく、家中がモノであふれかえってしまっていませんか。

洋服を買ったけど、クローゼットがパンパン

シーズンごとに持っている衣類は、いつの間にか増えてしまう典型的なものです。ファッションに敏感で洋服が好きな方は、シーズンごとに流行りのデザインの洋服を買ったりアクセサリーを買ったりして楽しんでいることでしょう。

常に新しいファッションに身を包むことは決して悪いことではありません。洋服やバッグ、アクセサリーなどの服飾雑貨を購入することは否定しません。

でも、昨年、一昨年買った洋服はどうでしょう。
身につけているのなら特に問題ありませんが、着ないのに大切に(?)保管している衣類がありませんか。

それらのせいでクローゼットがパンパンになってしまい、せっかく買ってきた流行りの洋服が入らない、無理に詰め込んでしわくちゃになってしまう、なんてことになると残念極まりないですよね。

これ以上はモノが入らないという限界に達する前に、思い切って断捨離してみましょう。

「捨てる」は意外と難しい

いらないものは捨てる。
当たり前のことですが、実際に「捨てる」となると、そう簡単にはいかないものです。
なぜなら、モノに対しての執着が強い人にとって、「捨てる」という行為はとても辛く苦しい作業だからです。

私はそんなにモノに対して執着はない方だと思うけど…というあなた。
本当にモノへの執着がないと言い切れますか?
それではちょっとだけお部屋を覗いてみましょう。

ブランドショップの紙袋や百貨店の紙袋、スーパーのビニール袋や買い物袋、お土産でいただいたお菓子の空き箱や空き缶などなど、いつか使うからといって、大量にストックしていませんか?
たしかにブランドショップの紙袋は丈夫ですし、デパートの紙袋もステータスが感じられるので、ちょっとした物を入れて人にお渡ししたり、持ち運ぶときなどに便利です。かわいい箱は小物入れに使ったりすることもあると思います。

でも、そんなにたくさん必要でしょうか。結局使わずに、ものすごい量になって押入れやクローゼットのスペースを占領していませんか?

不用なモノが入っているおかげで、本当に必要なものが入れられなかったり、一緒くたに収納してしまっているせいで、必要なものが奥の方に追いやられてなかなか取り出せなかったり。

「使うかもしれないからとっておく」
これこそがモノに対する執着であり、とても厄介なものなのです。

モノに対する執着がある人にとって「捨てる」という行為は、想像以上に難しい作業なのです。

「いつか使う」は使わない

すでにお気づきのことだとは思いますが「いつか使う」は使わないことが多いです。

使わないので、その不用品はずっとその場所に留まり続け、貴重なスペースを占領し続けます。新しいモノを買いたくても、収納場所や置き場所を考えると無理だ…ということになります。

不用品は小売店の不良在庫

押し入れやクローゼットにしまい込んだモノたち。何年前からその場所に置きっぱなしになっているでしょうか。

ご自宅をスーパーや百貨店などの小売店に置き換えて考えてみます。

仕入れをした商品は、お客様の目に留まるよう、商品陳列棚にきれいに並べられます。季節物でそのシーズン中に売れなかった商品は、その後メーカーに返品される場合もありますが、買い取り商品の場合はそのまま在庫として倉庫ストックに保管されることになります。

来年、同じ季節が巡ってきた時にこの商品が売れるとしても、約1年間はストック在庫となりますし、同じ価格で売れるとも限りません。

ご承知のとおり、在庫は資産なので、在庫を持つだけでお金がかかります。ですから、できるだけ在庫は持たない方が良いのです。

一般家庭でも同じことが言えます。
安かったからという理由で、着るかどうかわからないニットやTシャツを買って、やっぱり似合わないからと、着ないままタンスの肥やしになっている洋服はありませんか?

Tシャツだったら部屋着にすることもできるので、まったく無駄にしてしまうということはないよ、という方も少なくないかもしれません。
でも、何年も着ていない洋服たちは、まぎれもなく不良在庫です。

タンスやクローゼットを見ると、たくさん洋服はあるのに、なぜか着るものがない。

これは不良在庫と化した、いわゆる売れ残りのストック在庫のみになっているから、いざという時に着たい服がないのです。

着たい服がクローゼットの中から見つからない、選ぶのに時間がかかる。
不用品を放置することで、お金も時間も奪われていることに気付きます。

不用なものを溜め込むことによる弊害は予想をはるかに超えてくるのです。

手放すためのルールを決める

すべてを捨ててしまえ!とは言いません。必要最低限、少しだけ残してあとは手放してしまうことで、思った以上にビックリするくらいのスペースが誕生します。

でも今まで大切にしまいこんでいたモノたちを、そう簡単に捨てることはできませんよね。そこで、罪悪感を感じることなく、心軽く手放すことができるようなルール決めをすることをおすすめします。

自分で決めるルールなので、最初はゆるくても構いません。最初から一気に断捨離することができれば、それは凄いことですが、なかなかそうはいかないものです。

例えば、季節ごとに持っているのに増えてしまう洋服や靴、バッグなどのファッションアイテムは、
「1年着なかったら、履かなかったら二軍落ち。2年着なかったら手放す」
「擦れたりキズが気になるようになったバッグや靴は、修理してでも使いたければすぐ修理。お金をかけて修理をするほどのモノではないと思えば手放す」
「部屋着は、その格好で宅配便が来た時に玄関に出たら恥ずかしいかも、と思うほどヨレたり色あせたりしたら手放す」
など、わかりやすくて実践しやすいルールを決めてみましょう。

なんとなく捨てられなかったものでも、ルールを決めておくことで理由付けができて、意外と簡単に手放すことができるようになります。

不用品の処理に困ったらタイガーエレファントへ

断捨離バスターズ タイガーエレファントでは、お掃除や片付けなども喜んで承ります。
重くてなかなか移動できない家具や家電の移動もお任せください。

断捨離で出た荷物を捨てたくはないけど収納場所がなくて困っているという場合も、どうぞお任せください。お荷物を一時的に保管するサービスも行っております。
季節物の洋服や家電などの保管も承りますので、クローゼットや倉庫代わりとしてもご利用いただけます。

不用品があるけど捨てるのはもったいない。でもフリマで売るのも面倒だし…という方もご連絡ください。

不用品の買い取りや回収もしておりますので、お困りごとがありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせをする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイガーエレファント北九州へのお電話はこちらからお願いします