汚部屋の人必見!片づけられない人の特徴とは

片付けられない人のイメージ

ゴミ屋敷とまではいかなくても、片付いていない家や部屋には思い当たる方も多いと思います。その汚れ程度も、足の踏み場もないという状態もあれば、ただただ物が多すぎて片付いていないという状態のお部屋まで様々。

このような状態になってしまう人には共通点があるのでしょうか。必ずしも何事に対してもだらしない人だとは限りません。仕事はテキパキとこなし、性格もきっちりしているのに何故か家は片付かない。

ここでは、片付けられない人の特徴について見ていきたいと思います。

部屋が汚いにもレベルがある

部屋が汚い、いわゆる汚部屋だったり、それを通り越していわゆるゴミ屋敷だったり、一口に「部屋が汚い」「片付けられない」といっても、その程度も様々です。

汚部屋のレベルを分けるとすれば、大きく3つに分けられます。

レベル1
毎日掃除機をかけているので床はきれい。だけどテーブルの上や棚に物がたくさん重なって置かれていて、どうしても片付いているようには見えないお宅。

レベル2
自分ではどこに何があるのか把握できてはいるけれど、いたるところに物が置かれていて、見るからに散らかっている、いわゆる汚部屋。

レベル3
どれが必要なものでどれがゴミなのか他人には判断できないほど物が溢れていて、ゴミ袋もそこらじゅうに置かれているような、まさに足の踏み場もない完全なゴミ屋敷。

今はまだレベル3にはなっていないけど、レベル1には当てはまるというあなたのお部屋は、油断しているとあっという間にレベル2にはなってしまいます。レベル2の汚部屋状態は、もはやゴミ屋敷予備軍の一軍です。

どうしてこんな事になってしまうのか、片付けられない人の特徴や、片付けられない理由について見ていきましょう。

片付けられない人はこんな人

片付けられない人にはいくつか特徴があります。すべてに当てはまらなくても、少しでも思い当たることがあれば要注意。自分がいくつ当てはまっているかチェックしてみましょう。

  • もったいない精神が強い
  • ものに対する執着心が強い
  • 損をすることを恐れている
  • 欲求不満がある
  • 買い物が好き
  • 買うことで満足して、そのもの自体には興味がない
  • 計画を実行に移すまでに時間がかかる
  • そもそも計画性がない
  • 収納グッズが好き
  • 認知症や発達障害などの病気がある

10個の特徴を挙げてみましたが、あなたはいくつ当てはまりますか?

それでは、それぞれについて見ていくことにしましょう。

もったいない精神が強い

「もったいない」から「物を大切に扱う」ということはとても大切なことですし、否定することではありません。
ただし、もったいないからといって捨てずに溜め込んで、結局使わずしまい込んでしまっているのは、そのモノ本来の使い方をしていないので「物を大切に」していないことになります。

もったいないからと捨てずにとってあるものは、しまっておかずにしっかり最後まで使ってあげてください。使わないとただのゴミです。

あなたの「もったいない」は、物を大切にする「もったいない」ですか?

ものに対する執着心が強い

何かと物を溜め込む人は、モノに対する執着心が強い人が多いです。
ほかの人から見ればゴミでも、あなたにとっては大切な宝物。手放すことができません。

昔の古いアルバムなどは思い出が詰まっているので手放せない気持ちはわかります。

でも、その大量にストックしている紙袋、本当に必要なものですか?スーパーのレジ袋も、最近は無料ではなくなったので保管しておきたくなるのもわかりますが、もう溢れているではありませんか。

大量にあるシャンプーや化粧品のサンプルも、ずっと使えるわけではありません。古いものを使うと、お肌を傷めることにもなりかねませんので、いつ受け取ったのかわからないような古いものは、躊躇せずに捨ててしまいましょう。

サンプルのような小さなものでも、集めてみると結構な量になっているはずです。古いものはすでにゴミです。

損をすることを恐れている

タダのものはもらわないと損だと思ってしまうタイプの人は、使わなくても「捨てること」=「損する」気分になってしまう傾向があります。

どう考えても使うシチュエーションがないものでも、なんとなく捨てることができずにどんどん溜めていくので、モノは増える一方です。

また厄介なことに「損をする」ことを恐れているため、これを逃したら損してしまうと感じたら、行動せずにはいられません。
具体的には、セール品を見つけたら「買わなきゃ損」だと感じて不要なものまで買ってしまう、安いときに買わないと「損をする」という恐怖から「まとめ買い」をする、などです。

買っても使わなければ結局それは「得する」ことになっていないばかりか、ごみになってしまうことで結果的に損しているのです。

お気づきかとは思いますが、「得したい」のではなく「損したくない」なのです。
とにかく「損をする」ことが怖くてどんどん買って溜め込んでしまうタイプの人は、この負のスパイラルから抜け出せなくなっています。

欲求不満がある

精神的に満たされていない、経済的に不満があるなど、生活の中でなにかしらのトラブルを抱えていることは珍しくないと思います。その欲求不満を埋めるために、物を溜め込んで、そのポッカリ空いた穴を埋めようとする場合も多いようです。

買い物でストレス解消!というタイプはかなり危険です。

買い物が好き

ただただ買い物が好き、という人も少なくありません。
買うことが目的になっているので、買うことで満足が得られ、その買ったモノ自体への興味は途端に失せてしまいます。それどころか、はじめからモノに興味があるわけではなく、何でもいいので買いたい欲求を抑えきれず、どんどん買い物してしまうという場合もあります。

欲しいから、使いたいから買う、のではなく、買いたいから買う。

自分でコントロールできないくらいに激しい場合は、買い物依存症の可能性があるので、早急に専門医の診断を仰いで治療などの対応をしてください。

買うことで満足して、そのもの自体には興味がない

買うことで満足、買ったから安心。そのモノを使うことより、手に入れたことによって満足してしまう人。

このようなタイプは、買ったことで安心、物を手に入れたことで満足してしまうので、その後、買ったものをしまい込んでしまうか、放置するか、いずれにしてもモノは溜まっていく一方です。

使わなければ不用品なのですべてゴミ。不用品がどんどん増えていって、部屋がゴミだらけになってしまいます。

計画を実行に移すまでに時間がかかる

お掃除計画や片付けの計画は立てるのですが、なんだかんだ理由付けをしてなかなか実行に移さないタイプ。

このようなタイプは「やろうと思えばできるんだけど、今は時間がないから」など、言い訳ばかりしています。結局行動に移さないので、部屋はいつまでたっても片付きません。

せっかく立てた計画です。
全部一気に実行するのが難しいのであれば、1項目ずつクリアしていきましょう。そうすることで自信にも繋がり、ミッションクリアが楽しくなってきます。

そもそも計画性がない

片付けるといっても何から手を付ければよいのかわからない。
計画性がないから何も考えずに買ったりもらったりして、モノがどんどん増えていく。
何も考えずにモノばかりが増えていくから、置き場所もなくなってゴミ屋敷のようになっていく。

かなり厄介な状態です。
買い物に行くときも家のストックを確認していないので、同じものを買ってしまってモノが増える。賞味期限の短い食品は食べ切れずにゴミになる。悪循環ですね。

買い物に行くときは何を買うのか決めて、メモを持って出かけましょう。また、出かける前には何か食べてから出かけましょう。お腹が空いた状態で買い物に出かけると、つい不要なものまで買ってしまいます。計画性がないと自覚している人は、必ず実行してください。

収納グッズが好き

収納グッズはたくさんの物を収納するのに便利で良いのですが、大量のモノをストックすることを考えるより、モノを減らして収納することを考えれば、収納グッズをそんなに使わなくても片付けることはできるはず。

見やすく取り出しやすいように収納グッズでまとめるのであれば、モノを無駄にせずに済むかもしれませんが、しまいこんでしまうための収納グッズであれば本末転倒です。

モノが入りきれなくなったら収納を買う。収納にスペースができたらモノを買う。これではモノが増える一方です。

本気でモノを減らしたいと思うなら、収納も減らすことを考えてみましょう。

認知症や発達障害などの病気がある

物が多すぎて物が溢れてしまうことによって汚部屋になっている場合もあれば、セルフネグレクトや病気によって汚部屋になっている場合もあります。

片付けが得意でいつもキレイにしていた人がゴミを気にしなくなったり、テーブルの上にいろんな物が置かれているようになったら要注意です。

久しぶりに実家に帰省したら、家の中が荒れていてびっくりした、という経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。
モノが片付けられなくなったり、同じものを繰り返し買ってしまったりするのも認知症の症状の一つです。

自分の親の場合は、つい強い口調で言ってしまいがちですが、できていないことを責めるのではなく、専門医の受診を促して連れて行ってあげましょう。

周囲の人でも様子が変だと思ったら、やんわり受診をすすめてあげてください。

発達障害を持つ方の場合は、人の言っていることがなかなか理解しづらかったり、片付けが苦手だったり、その程度も認知症と同じく人によって様々です。この場合も、本人を責めるのではなく、少しずつでもできることからやってみる、できなければ文句を言わずに手伝ってあげる。そうやってサポートしてあげることで少しずつ片付けることは可能です。

それでも片付けが難しい場合は、プロに依頼するのがよいでしょうし、片付けで出たゴミの回収も、ご家庭の一般ごみで出せないものなどは不用品の回収業者に任せたほうが安心です。

不用品の処理に困ったらタイガーエレファントへ

断捨離バスターズ タイガーエレファントでは、お掃除や片付けなども喜んで承ります。
重くてなかなか移動できない家具や家電の移動もお任せください。

断捨離で出た荷物を捨てたくはないけど収納場所がなくて困っているという場合も、どうぞお任せください。お荷物を一時的に保管するサービスも行っております。
季節物の洋服や家電などの保管も承りますので、クローゼットや倉庫代わりとしてもご利用いただけます。

不用品があるけど捨てるのはもったいない。でもフリマで売るのも面倒だし…という方もご連絡ください。

不用品の買い取りや回収もしておりますので、お困りごとがありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせをする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイガーエレファント北九州へのお電話はこちらからお願いします