安全に不用品のスマートフォンを処分する方法

不用品のスマートフォン

スマートフォンが不要になったら、どう処分すればよいのでしょうか。ほとんどの場合、次のような形になるかと思います。

  • 売却する
  • 時計やインテリアとして使う
  • 他人にゆずる
  • 保管したままになっている

この中で気をつけなければならないのは、売却する場合と他人に譲渡する場合です。

個人情報の削除

スマートフォンを売却したり譲渡したりするときは、個人情報を完全に削除するために決まった手順をふまなければいけません。現在では個人情報を悪用した色々な犯罪が増えています。初期化するだけでは簡単に復元されたり、次のオーナーが使えなくなる可能性もあるので、手順を踏んで削除する必要があります。

初期化の流れ

iPhoneの初期化

ここでは日本でシェアの高いiPhoneを例にとって解説します。

初期化とはコンピュータの内容を初期の状態に戻すこと。工場出荷時の状態に戻るので保存していたデータは解読不可能になります。しかし、あくまでも端末が初期化されるだけで、クラウドにアップロードされたデータはクラウドに残ります。

iPhoneで初期化すると、連絡先・アプリ・写真もリセットされるので、まずはiCloudかiTunesでバックアップを取っておきます。削除するといっても、iCloud にサインインした状態で手動削除は行ってはいけません。同期されている他の端末からも全て削除されてしまうからです。

Apple製品は保存時にデータを暗号化し、初期化すると物理的削除を行うので端末からはデータは完全に削除され復元不可能となります。よって、初期化してログアウト後にSIMカードを外せば、他人に譲渡・売却しても復元されることはありません。Appleが「初期化すれば問題ない」と言っているということです。

削除の流れ

  1. バックアップする(設定 > iCloud > 今すぐバックアップを作成)
  2. iCloud / App Store / iTunes からログアウトする
  3. 初期化する
  4. SIMカードを外す

Apple Watchを使っているなら、Apple WatchとiPhoneのペアリング解除を行いましょう。

アクティベーションロックの解除を行う

iCloud等のログアウトした後に初期化すれば問題ありませんが、初期化前にiCloudのログアウトを行っていないとアクティベーションロックで保護されたままなり、アカウントの紐づけがされたままになるので、そのままでは次のオーナーが使えなくなります。つまり、次のオーナーがあなたにお願いしてロック解除を行うまでは使用不可となるのです。

アクティベーションロックをかけたまま売ることは、オークションやリサイクルショップでも禁止されています。非常に無責任で悪意があると思われても仕方がありません。メルカリであれば規約違反で返品対象となります。必ず、先にログアウトを行って初期化してください。

iPhone買取り業者の方やオークションで購入した人も、アクティベートを行い、ホーム画面に到達できるか確認してください。

以前の持ち主にロック解除を行ってもらう場合は、「iPhoneを探す」からデバイスの消去>アカウントから削除 をしてもらえるように依頼しましょう。

iPhoneのデータ削除

iPhoneのデータを削除するには「一般>リセット>すべてのコンテンツと設定を消去>iPhone を消去」で削除できます。とても簡単に削除できますね。

Androidの初期化

Androidの場合も、処分・売却前にGoogleのアカウント削除を行う必要があります。初期化したからといって、クラウド上にあるGoogleのアカウント自体は削除されません。復元したいときはアカウントを設定することで復元できます。古い機種のAndroidの場合は、初期化するまえに、設定 > セキュリティ > 機器を暗号化する で暗号化して初期化(工場出荷時データへリセット)すると安心です。

SIMカードの取り外し

SIMカードにはMVNOやキャリアとの電話番号・キャリアのメールアドレスなどの契約情報が含まれています。大手キャリアで使われているのは通話SIMとなります。SIMカードは電話やキャリアのメールを使うときに必要ですが、アプリなどには関与しないので、SIMカードがなくてもアプリ通話やコミュニケーション、Wi-Fi環境があればインターネットを利用することができます。

iPhoneやAndroidを売却する前には必ずSIMカードを外しておくことが必要です。iPhoneの処分はペーパークリップでSIMトレイからSIMカードを外すことができるので、外して厳重に保管しておいてください。

SIMロック解除

キャリアのスマホには同じキャリアの回線以外で使えないようにSIMロックがかかっています。これは他への流失を防ぐためです。しかし、2015年5月以降に発売された端末(iPhoneの場合は 6s 以降)であればSIMロック解除ができます。

キャリアの端末はSIMロック解除しておくと、他社SIMを差し替えて使えるようになるので需要が増え、高く売ることができます。ただしキャリアのショップで解除すると3000円程度の手数料がかかります。会員ページから解約することもできます。

このことから、iPhone 6s〜iPhone XSは、SIMロック解除が可能なので高額で売却できます。三大キャリアのSIMロック解除対応機種はこちら。

小型電子機器のリサイクルボックス

自治体によっては使用済みの小型電子機器を回収してくれる設置型のボックスもあります。電子機器に含まれるレアメタルなどを再利用するためのものです。投入可能なものとして、携帯電話・スマホ・ポータブル音楽プレーヤーなどがあります。

小型電子機器のリサイクル – 北九州市

大手キャリアの店頭で処分

docomoやauなどのキャリアでは、ショップで使用済み携帯電話の回収を行っています。docomoの場合はメーカーを問わず回収しているようですね。スマートフォン専用の破砕工具を使用するなどの工夫がみられます。回収に出すときにはメモリーカードなどが挟まっていないか注意が必要です。

あくまでも処分であり、売却ではないのでお金に換金することはできません。

買取業者で処分

最も簡単に無料査定や売却・処分等を行ってくれます。弊社でも売却・処分等が行えますので、ご相談ください。

お問い合わせをする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイガーエレファント北九州へのお電話はこちらからお願いします