あなたのマスクは大丈夫?洗い方を間違うと思わぬトラブルに!?

新型コロナでマスクのイメージ

新型コロナウイルス感染症の感染予防対策として一番手軽で励行している方が多いのが「マスクの着用徹底」だと思います。

便利屋業界でもマスクの着用は必須!
仕事中は基本的に使い捨てマスクを使っていますが、プライベートではたまに布マスクやウレタンマスクを使うこともあります。

そのマスクが原因で思わぬトラブルが発生することがあるってご存知ですか?

今回は、マスクによるトラブル、そのトラブル回避のための方法についてお話しますね。

マスクによるトラブルとは?

マスクによるトラブルと聞いて、あー、餃子屋さんの件?なんて想像したあなたは、なかなかの情報通ですね。

でも、今回はそのトラブルではなくて、身近に起こりうる肌トラブルや洗濯トラブルについてお話ししていきます。

なーんだ!そんなことかぁ…ってガッカリしないで読み進めてみてください。意外と役立つかもしれませんよ。

ところで、あなたはどんなマスクを使ってますか?
使い捨ての不織布マスク?ウレタンマスク?手作り布マスク?

最近はかわいいマスクがたくさん売られるようになったので、ファッションとして楽しんでいる方も多くなっているようです。

私も今ではマスクは顔の一部なんじゃないかっていうくらい、外出時には必ずつけるようにしています。ちなみに不織布マスクを愛用しています。

洗濯して繰り返し何度も使えるマスクは経済的だし絵柄やカラーもいろいろ楽しめるので好きだ、という方もいらっしゃると思います。また、お肌がデリケートなので、不織布やウレタンマスクでは蒸れたりかぶれたりするから布マスクを愛用している、という方も多いと思います。

使い捨ての不織布マスクを使っている方にとって、マスクの洗濯は無縁ですが、くり返し使えるタイプのマスクを使用してらっしゃる方にとってはマスクのお洗濯は毎日のことですよね。

そこで問題になってくるのがマスクの洗い方。
そのマスクの洗濯方法を間違えると大変なことになるってこと、ご存知ですか?

マスクの洗い方の基本

まず、基本中の基本ですが、布マスクやウレタンマスクなどの繰り返し使えるタイプのマスク、いわゆる使い捨てマスク以外のものについては、必ず「手洗い」しましょう!

そういえば、アベノマスクが各家庭に配布されたときに、とある方が「洗濯機で洗ったら縮んだ!」とクレームを言っていましたが、そもそも顔、口元に直接装着する「布」なので、ほかの洗濯物と一緒に洗濯機にかけちゃうってこと自体なかなかのツワモノだと思います。また、「布」は縮む素材です。

1枚ずつ手洗いなんて面倒だし、衛生面も気にならないから洗濯機で洗っちゃおう!という方もいらっしゃるかもしれませんが、洗濯機で洗うことで生地も傷みやすくなりますし、型崩れや耳ゴムの伸びなども起きやすくなってしまうのでオススメしません。

まず、使い捨てマスクではない「家で洗えるマスク」であることが前提ですが、多少面倒でも、毎日1枚ずつ手洗いすることで長持ちもしますし、衛生面も保たれます。

家で洗えるマスクの場合は、そのパッケージに、洗濯時に適した洗剤の種類が書かれていると思いますので、その指示に従って洗濯洗剤を選びましょう。

手作りマスクの場合も同様に一般的な衣料用洗剤で問題ありませんが、できれば水に溶けやすい液体洗剤の方が良いですね。

汚れが酷いときには衣料用の漂白剤を使うという方法もありますが、気になるほどの汚れがついてしまった場合は、あきらめて捨てちゃったほうが衛生面を考えると安全だと思います。

もったいないから頑張って洗おう!というなら止めはしませんが、よほどのお気に入りマスクでない限り、その労力と洗濯にかける時間、洗剤代、水道代などを考えると、新しいマスクを手に入れる方が効率的ですよね。

マスクを洗うときの手順

  • 自分の手をしっかり洗う(手が汚れていたら問題外)
  • 洗面器などに洗濯液を作る
  • マスクを1枚入れて軽く押し洗い
  • しばらく放置
  • 軽く押し洗い(絶対にこすらないこと)
  • マスクを取り出して両手で挟んで水気を切る(ギュッと絞らないこと)
  • 洗面器の水を流し捨てて、新しい水を溜める
  • マスクを振り洗いしてすすぐ
  • 1回で洗剤が落ちていないようであれば、水を替えてもう一度すすぐ
  • 両手で挟んで水気を切る(ギュッと絞らないこと)
  • マスクを清潔なタオルなどに挟んで水気を切る
  • マスクの形を整えて陰干しする
  • 乾いたら1枚ずつ袋に入れて保管する

汚れが気になる場合は「押し洗い&水気を切る」を何度か繰り返すことになりますが、結構時間もかかるし面倒な気もします。最後のすすぎもしっかりできていないと洗剤成分がマスクに残って肌荒れの原因にもなりかねません。

これらの作業ができない場合は使い捨てのマスクを使うことをオススメします。

マスクのお洗濯が原因で洗濯機が故障!?

マスクは手洗いで!とは言っても、洗濯機で洗っちゃダメということでもありません。

しかしながら、マスクをそのままポンッと洗濯機に投げ入れて洗濯してしまうと、マスクの耳ゴムが洗濯機の中で絡まったりマスクそのものが詰まったりすることで洗濯機の故障を引き起こしてしまうことがあるようです。

数百円のマスクのために洗濯機の修理代がかかってしまった!なんてことがないように気をつけたいものです。

面倒がらずに手洗いするか、どうしても洗濯機を使いたい場合は、マスクは必ず小さめの洗濯用ネットに入れて洗うということを徹底しましょう。

マスクは必需品だからこそ気をつけて

コロナ禍においてマスクは必須アイテムです。

ちゃんと着用していても、そのマスクが清潔でないと、かえって菌を吸ったりしてしまうことになりかねません。

大切な家族や自分を守るためにも、マスクは常に清潔を保ちたいですね。

お問い合わせをする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイガーエレファント北九州へのお電話はこちらからお願いします