コロナ禍でゴミ屋敷が増えてる?ストレスで気がついたらゴミ屋敷

テイクアウトごみ

「コロナ禍で若い女性のゴミ屋敷化が増えている」
少し前にそのような話が話題になっていました。

コロナ禍とゴミ屋敷化、どう繋がっているのでしょうか?

新型コロナウイルス感染症の流行で中食

ご承知の通り、2020年は新型コロナウイルス感染症の驚異に振り回された1年でした。

2021年に入っても緊急事態宣言発出。現在全国の緊急事態宣言は解除されていますが、新型コロナは未だ収まることなく、日々驚異にさらされていると言っても過言ではない状況です。

そのコロナ禍において、感染から身を守るために巣ごもり生活をしていた(今でも続いているかも)方も多かったと思います。

「巣ごもり」においても絶対に外せないのが「食事」ですよね。新しい生活様式が定着しても食事はもちろん必要です。

自炊されている方は、できるだけ買い物回数を減らすために、賞味期限の長い食品や保存食を買いだめ、買い置きして、レシピを工夫していると思います。

今まで外食が主だった場合は、飲食店の営業時間短縮の影響もあって、外食を減らして中食を利用するようになった、という方が多いようです。

中食とは、デリバリーサービスを利用して外食店の食事を出前してもらったり、デパ地下やスーパー、コンビニ、お弁当屋さんなどで販売されているお惣菜やお弁当などを買って家で食べることです。

中食のお弁当やお惣菜は、使い回しのきかない「容器」に入ってます。この容器ゴミがどんどん溜まっていくんですよね。

いやいや、ゴミの日に出せば溜まらないでしょ?

そうなんです。
「巣ごもり=ゴミ屋敷」ではありません。

冷静に考えると、中食が多くなったからといって、ゴミ屋敷になるはずがないのですが、ここが新型コロナウイルス感染症の影響があると考えられるポイントなのです。

心理的ストレスで先延ばしに

ゴミ屋敷になってしまった皆さんは、最初からゴミ屋敷に住んでいたわけではないですし、その空間が良いと思っているわけでもないはずです。

では、なぜ片付けないのでしょうか?

典型的な例としては、
「今度まとめて片付けよう」
「ある程度溜まってから捨てよう」
と思っていたら、
「片付けるタイミングがわからなくなった」
「捨てるのが面倒になった」
という理由が挙げられます。

人間は不思議なもので、少しずつゴミが溜まっているうちは「片付けなきゃな」と思っていても、そのゴミが溜まっていくにつれ、その状態に慣れてしまって「普通」になり、気にならなくなってしまう、または気にしないようにしてしまうという傾向があります。

では、どうして片付けができない状況になったのでしょうか。

片付けができなくなった原因は人ぞれぞれあると思うので一概に言うことはできませんが、その一つの要因として挙げられるのが「心理的ストレス」です。

新型コロナウイルスは世界中で精神的な問題を引き起こしており、それが、私たち人間が持っているある好ましくない傾向に拍車をかけている。その傾向とは「先延ばし(procrastination)」だ。

(中略)

「先延ばしは精神的および肉体的な問題の組み合わせによって起こることがあります」と、米ノースカロライナ州の医師ニティン・デサイ氏は語る。
「パンデミックはストレス、不安、抑うつを増大させます。そうしてより多くの人々が潜在的に苦しむ状態となり、さらに先延ばしが増えていくのです」

※引用元:コロナで増える「先延ばし」行動 進化との意外な関係|NIKKEI STYLE

詳しくは記事を読んでいただきたいのですが、「先延ばしによる苦しみ」は誰にでも起こりうることだと感じています。

気がついたらゴミ屋敷。

単身で頼る人が近くにいない、どこから片付ければいいのかわからない。

かと言って、そのまま放置していると異臭がしてきてご近所迷惑になるかもしれませんし、ご自身の健康被害を引き起こす可能性だってあります。

一人では片付けられないけど、部屋が汚いから業者さんに頼むのも申し訳ない、恥ずかしい…なんて思わずに、「片付けたいな」と思った時が片付け時です!

遠慮はまったく不要です!

お見積りは無料でお引き受けしておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

断捨離バスターズ タイガーエレファントの便利屋サービスを利用して、スッキリとしたお部屋で健康的に過ごしましょう!

お問い合わせをする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイガーエレファント北九州へのお電話はこちらからお願いします