熱中症に注意!クールビズの「室温28℃」はエアコンの設定温度ではなかった!

夏のひまわり

今年も暑い夏。
いやいや、夏は暑いものですが、年々暑さが危険なほど上がっているように感じます。

熱中症予防のためにも積極的に使いたいエアコン。今回は、間違っていたクールビズのエアコン設定温度についてお話します。

熱中症による救急搬送の状況

暑そうなシロクマ

いやー、それにしても毎日暑い日が続きますよね。

東京では今、世界的なスポーツの祭典が行われていますが、海外から来日した選手たちも日本の暑さには参っているようです。
中には、日本がこんなに暑いなんて聞いてない!と驚き嘆く選手も。

はい。日本にずっと住んで生活している私たちでさえ、ここ数年の夏の暑さには、もう「うんざり」。恐怖さえ感じることがあります。

日本のように湿度の高い土地では、気温の暑さだけでなく、ジメッとした蒸し暑さがあるので不快指数が上がってきます。

カラッとした暑さとは違う独特な蒸し暑さなので、体力もさらに奪われてしまいます。

そこで気になるのが「熱中症」

2021年7月19日から7月25日の熱中症による救急搬送人員数は、8,122人。7月19日には1日で1,605人もの方が熱中症で救急搬送されています。

参照:熱中症情報 | 総務省消防庁(外部サイト)

この猛烈な暑さは外出時だけでなく、家の中にいても影響が及びます。

家の中で熱中症で倒れていた、ということも耳にすることが増えてきたように感じます。

水分をしっかり取ることはもちろんのこと、涼しい服装、室温の管理など、熱中症対策・予防のためにできることはチェックしておきましょう。

熱中症がどうして起こるのか、熱中症の予防方法など基礎知識については、こちらにわかりやすくまとめられています。
参照:環境省熱中症予防情報サイト 熱中症の予防方法と対処方法(外部サイト)

クールビズの「室温28℃」はエアコンの設定温度ではない!

クールビズ半袖シャツ

ところで、あなたの会社、あなたの家族の勤務先では「クールビズ」を取り入れていますか?

クールビズとは、平成17(2005)年度から、地球温暖化対策の一環として、政府が提唱する、過度な冷房に頼らず様々な工夫をして夏を快適に過ごすライフスタイルのこと。室温の適正化とその温度に適した軽装などの取組を呼び掛けています。
参照:環境省へようこそ!(外部サイト)

あなたの会社もクールビズだからという理由で、男性はノーネクタイで半袖シャツ、ジャケットなし。エアコンの温度は28℃設定にしていませんか?

実は私、クールビズで提唱されている「室温28℃」はエアコンの設定温度のことだと勘違いしていました!

というのも、事務職の友人から以前愚痴を聞いたことがありまして。
なんでも、事務所内が暑くても「28℃設定だからねー」とエアコン温度が変更できないようにチェックして回る人がいて、みんな文句を言いながらも渋々従っているそうなのです。
だからデスクでペットボトルの水をガブガブ飲んでいるとのことですが、「熱中症になりそう!」と。

なのに…

環境省のサイト「COOL CHOICE」に、

クールビズでは、「適正な室温」の目安を28℃としています。
なお、「28℃」という数値はあくまで目安です。必ず「28℃」でなければいけないということではなく、冷房時の外気温や湿度、「西日が入る」などの立地や空調施設の種類などの建物の状況、室内にいる方の体調等を考慮しながら、無理のない範囲で冷やし過ぎない室温管理の取組をお願いする上で、目安としているものです。
例えば、冷房の設定温度を28℃にしても、室内が必ずしも28℃になるとは限りません。そういう場合は、設定温度を下げることも考えられます。
「クールビズ」で呼び掛けている適正な室温の目安「28℃」は冷房の設定温度のことではありません。

引用:クールビズ/COOLBIZ|COOL CHOICE 未来のために、いま選ぼう。

と記載があるではありませんか!!

ここ重要なので、もう一度。

「クールビズ」で呼び掛けている適正な室温の目安「28℃」は冷房の設定温度のことではありません。

これは!と、すぐさま友人に伝えたところ、
あの暑くて不快な日々は一体何だったのか…と憤っていました。

いや、もしかすると、2005年のクールビズスタート時は今ほどは暑くなかったので、あの当時の「28℃」はエアコンの設定温度だったのかもしれません。
その後、環境も変化し、気温も変化したことで、環境省も情報をアップデートしてきたのでしょう。

ただ、友人の社内ではその情報がアップデートされること無く、そのまま「環境省が提唱しているから」と「28℃」を遵守してきたのかもしれません。

「例年通り」という言葉の怖さでもありますね。

エアコンの利用で熱中症予防を

28℃設定

前述したように、「28℃」は冷房の設定温度のことではありません。

お部屋の環境によっては、28℃設定にしていても熱中症のような症状が起こらないとも限りません。熱中症予防のためにも、環境に合わせて、臨機応変に室温管理をすることが大切ですね。

この猛烈な暑さはまだまだ続きます。

しっかり水分を取る、エアコンを効率良く活用するなどして、引き続き熱中症には気を付けて過ごしましょう。

エアコンのお掃除、エアコンの調子が悪いなどのお困りごとは、断捨離バスターズ タイガーエレファントの便利屋サービスまで、どうぞお気軽にご相談ください!

お問い合わせをする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイガーエレファント北九州へのお電話はこちらからお願いします