エアコンの電気代は夏より冬の方が高くなる!節約のコツは?

エアコンのイメージ

酷暑ともいえる日本の夏には、もはや欠かせない家電となったエアコンですが、これから訪れる冬にも私たちの生活において強い味方となってくれます。

そこで毎年気になるのがエアコンの電気代。夏場よりも冬場の電気代はどうしても高くなります。

これって、やっぱりエアコン暖房の電気代が高いからなのでしょうか。

エアコンにかかる電気代は、夏よりも冬の方が高くなる

すでにお気づきの方も多いとは思いますが、ほとんどのご家庭では、涼しく過ごそうと毎日ガンガン冷房クーラーをつけている暑い夏よりも、暖をとるために暖房エアコンをつけている冬場の方が電気代は高いです。

しかしながら、この電気代の差は、その季節の外気温と室温の差を考えれば、何も不思議なことではありません。

例えば、暑い夏の場合、外気温が35℃で室内のエアコン設定温度を28℃にした場合、外気温とエアコン設定温度の差は7℃。
冬の日の外気温が8℃で室内のエアコン設定温度を20℃にした場合、その差は12℃です。

上記の設定温度は、環境省が推奨してる適正な室温の目安である、
「冷房時の適正な室温の目安28℃:クールビス」
「暖房時の適正な室温の目安20℃:ウォームビズ」
を目安に例として挙げましたが、実際は上記の適正な室温にするためには、夏はもう少し設定温度を下げる必要があると思いますし、冬はもう少し設定温度を上げる必要があります。

クールビズ(COOLBIZ)について|環境省(外部サイト)
ウォームビズ(WARMBIZ)とは|環境省(外部サイト)

では、一般的なご家庭の設定温度はどうなっているでしょうか。
以下は一例ですが、

暑い夏の日:外気温35℃の日冷房設定温度26℃
寒い冬の日:外気温8℃の日の暖房設定温度22℃

家の構造や部屋広さによっても変わってきますが、だいたいこれくらいの温度に設定されている方が多いようです。設定温度=室温ではないので、適正室温にするためには温度差が生じます。

さて、後者で設定した場合の外気温と設定温度の差はどうなっているかというと、
夏:外気温35℃の日冷房設定温度26℃⇒その差9℃
冬:外気温8℃の日の暖房設定温度22℃⇒その差14℃

夏は9℃、冬は14℃も差が出てきます。
この差を埋めて快適な室温にするために電力を使うことになるので、冬の方がパワーを使い、電気代が高くなるのは当然のことだといえます。

効率よく暖房効果を得る方法

外気温と室温の差が大きくなる冬は、どうしてもエアコンの電気代が高くなってしまうことはわかりました。

では、暖房効率を上げる方法があれば、少しでも節約できるのでは、と思いませんか?

サーキュレーターを使う

サーキュレーター

暖かい空気は上の方に、冷たい空気は下の方にたまりやすくなります。

そこで、活躍するのがサーキュレーター!

扇風機をエアコンと併用されている方もいらっしゃると思いますが、空気を循環させる(かき混ぜる)サーキュレーターを併用することで、電気代の節約にもつながります。

エアコン暖房の暖気は部屋の上部にたまりやすくなるので、まず、エアコンの羽は下向きに設定します。床に向かった気流は、その後天井に向かいますので、その上部に向けてサーキュレーターを設置します。そうすることで、上部にたまった暖気をサーキュレーターの風がかき混ぜてくれて、部屋全体に暖気が拡散されます。

サーキュレーターの風は人に直接当たらない位置に設置するよう気を付けましょう。サーキュレーターの風は直接当たると寒いので、あくまでも「エアコン暖房の暖気流を拡散させるのに効率的な場所」を意識して設置するようにしましょう。

夏場の冷房使用時のサーキュレーターの使い方は冬の使い方とは異なります。エアコンの冷気は下にたまりやすいので、冷房使用時は、エアコンの羽は水平にし、エアコンを背にしてサーキュレーターを置いて回すことで、下にたまった冷たい空気を部屋全体に届けることができます。

※扇風機とサーキュレーターの違いと特徴、電気代の差については、パナソニックの公式サイトにわかりやすく説明されたページがありましたので貼っておきますね。
扇風機とサーキュレーターの違いとは?電気代は変わる?|パナソニック

カーテンは断熱効果のあるものに変える

外気が直接触れる窓と部屋の間にあるカーテンですが、カーテンは外から家の中が見えないようにするためだけのものではなく、暖気や冷気をとどめる効果もあります。

窓に断熱シートを貼る、という方法もありますが、断熱効果のあるできれば長めのカーテンを使用することでも暖房効率を上げることができます。

断熱カーテンは、熱の出入りを防いでくれるので、暖房効果だけでなく冷房効果も高めてくれます。一年を通して活躍してくれるので、カーテンの買い替えを考えるときには断熱カーテンを候補に入れてみてください。

エアコンのフィルター掃除はお済みですか?

エアコンのフィルター掃除

エアコンとサーキュレーター、さらには断熱カーテンとの組み合わせで効率的に暖房効果を得られる方法はわかりました。

寒くなってきて(または暑くなってきて)いざエアコンを作動させたら全然エアコンが効かない!という経験はありませんか?

クーラー冷房も暖房もいらない、心地よい気温の季節にはなかなか気が付きにくいのですが、夏もしくは冬に頑張ったエアコンのフィルターを汚れたままにしてはいないでしょうか。

フィルターに汚れやほこりがついていると目詰まりして、エアコンの風が通りにくい状態になるため、当然のことながらエアコンが効きにくくなります。

また、フィルターが汚れた状態のままにしておくと、エアコンが効きにくいだけでなく、フィルターについた汚れがエアコンの風に乗って部屋中に拡散されてしまうので、健康面からみてもかなり良くない状況であるといえます。

エアコンの掃除方法は機種によっても異なりますので、取扱説明書や各メーカーのホームページなどをご確認のうえ行うようにしてください。

夏の冷房、冬の暖房、その端境期である今こそ、エアコン掃除をして、健康的・快適に過ごしましょうね。

お掃除等でお困りの際は、断捨離バスターズ タイガーエレファントの便利屋サービスにご相談ください!

お問い合わせをする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイガーエレファント北九州へのお電話はこちらからお願いします