時間が足りない!時間を作る習慣づくりでお悩み解消!

2021年12月

今年も残り1ヶ月!12月に入れば何かと慌ただしくなりますよね。

ただでさえ忙しくて時間がないのに、年末はクリスマスや大晦日、お正月など、年末年始のイベント準備のほか、大掃除など時間がかかることが目白押し!

毎日忙しくて、まとまった時間が取れない…とお悩みの方も多いかもしれません。

今回は、時間の作り方、習慣づくりについてご紹介していきます。

なぜ時間がないのか

外でお仕事をされている方、お家で主婦(主夫)をされている方、お家でリモートワークをされている方、今はいろいろな就業形態がありますし、介護など家庭の事情もあるので人によって状況は様々かと思います。

「なぜ私はこんなに忙しいのだろう」
「もう少し時間があればできるのに」
「時間にゆとりが欲しい」

多かれ少なかれ、どんな人でも同じような悩みが思い当たるのではないでしょうか。

1日は24時間。
どんなふうに過ごせば時間に余裕が生まれるのか、なぜ自分には時間が足りないのか。
平日、休日、自分がどのように1日を過ごしているのか、振り返ってみましょう。

無駄なことをやめる

「時間がない」と言いながら、ゲームやテレビ、SNSチェックに時間を使っていませんか?

その時間が「自分にとって大切な時間・重要な時間」であったり、「趣味の時間」であるならば、それは「自分のために時間を使っている」ということなので、無理に削ることはありません。ちゃんと「時間がある」ということです。

ただし、それらに使った時間によって、ほかのもっと重要なことが後回しになっているのであれば問題です。

1日を振り返ったときに、「この時間は無駄だったな」というものがあれば、明日からその時間を少なくしてみましょう。それだけでも10分~1時間程度は時間が生まれるはずです。

スケジューリングする、優先順位をつける

1日、または1週間のうちにやりたいこと、やらなければならないことを書き出してみましょう。

12月は通常の月と少し違うかもしれないので、今月は、年内にやってしまいたい掃除や買い物、年賀状の準備なども書き出してみて。

例えば、一つ一つの作業をポストイットやメモなどに分けて書いて、1ヶ月、1週間、1日に落とし込むことでスケジューリングをすることもできます。

書き出した日々の雑務の中で、自分がやらなくても大丈夫なことがないか考えてみることも大切です。自分じゃなくても家族ができること、または、そもそも毎日する必要がないことなど、意外と見つかるはずです。

やるべきことの中にも優先順位をつけていくと、自分でする、人に任せる、などの判断がつきやすくなります。

完璧主義をやめる

何事も完璧にやらなきゃと思うのをやめましょう。

毎日掃除をしないと気がすまない人も、今日は完璧に、でも明日はこの部屋だけ、掃除機をかけるだけ、など、日によって「これでOK」という基準を変えてみるのも良いですよね。

「手抜き」と思えば後ろめたく感じるかもしれませんが、「今日はこれでOK!」という到達点を低くすることで、気持ちも楽になりますし、その分、時間も心のゆとりも生まれます。

また、すべて自分でやらなければならない!と思わずに、人に任せるということも大切です。任せた場合は、後でチェックして…なんてことをしてはダメ。そんなことをすれば結局自分時間がなくなりますし、信頼関係も崩れるのでやめましょう。完璧主義をやめて、任せっぱなしにしても大丈夫!と思える心の余裕を持つと楽になりますよ。

時間は有限なので有効に使おう

時間の作り方についてお話しましたが、お役に立てたでしょうか。

どうしても時間が作れそうにないときは、「もっと人に任せる」という選択をしてみませんか?

断捨離バスターズ タイガーエレファントでは、お掃除のお手伝い、不用品の引き取りなど、年末年始に向けた準備も喜んでお手伝いさせていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

断捨離バスターズ タイガーエレファントの便利屋サービスを利用して、あなたの大切な時間を有効に使ってくださいね!

お問い合わせをする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイガーエレファント北九州へのお電話はこちらからお願いします