終活や遺品整理でやっておきたい写真のデジタル化

思い出のアルバム写真

以前は「しゅうかつ」と聞けば、就職活動の「就活」を思い浮かべるのが一般的でしたが、最近では、人生の終わりを迎えるにあたり、前もって身の回りの事柄を整理整頓しておくという意味の「終活(しゅうかつ)」も一般的になってきました。

自分がこの世を去ったあとに、残された大切な遺族たちが困ることのないよう、元気なうちにできるかぎりのことはしておきたいものです。

今回は、今だからやっておきたい終活のためのお片付けについて見ていきましょう。

遺品整理は想像以上に負担がかかります

大切な家族が亡くなったあとには、遺品整理というとても辛くて大変な作業が待っています。

大きなお宅で遺品をそのままにしておいても何も問題ない、という場合は別ですが、ほとんどのお宅では少しずつでも片付けをしないと…と思うはずです。

しかしながら、遺品整理を始めるためには、心の整理が必要な精神的負担はもちろんのこと、時間的、体力的な負担など、様々な負担は避けられません。

また、遺品整理をしたい!親の家の片づけには想像以上の負担がかかる!?でも触れたように、残された家族は、どれを残してどれを処分すればよいのか迷ってしまい、いざ片付けようと思ってもなかなか捗らないのが現状です。

そうならないためには、常日頃から持ち物を少なく、また、整理整頓できた状態で暮らしていくのが理想ではありますが、なかなか理想通りにはいかないですよね。

そこで、最低限、これだけは片付けておきたい!という項目があるので、少しご紹介しておきたいと思います。

貴重品をまとめる、写真はデジタル化

貴重品はまとめておく

通帳と印鑑

貴重品をまとめておくというのは、相続問題にも関わってくるとても重要なことです。

ひとことで貴重品と言っても、その中には、

  • 宝石、宝飾品、貴金属類
  • 生命保険などの各種保険証書
  • 銀行など金融機関の貯金通帳、預金通帳
  • 印鑑
  • インターネットバンキングなどのパスワード等口座情報
  • クレジットカード
  • 土地や家の権利書
  • 株券
  • (借金がある場合)借用書
  • 遺言書

など、様々なものが挙げられます。

「印鑑」に関しては、何本もお持ちの場合、どの印鑑がどの書類に必要な印鑑なのかなど、本人にしかわからないこともあろうかと思います。

「遺言書」に関しては、公正証書遺言の場合は公証役場で保管されていますが、最近多くなってきている自筆証書遺言の場合は、家の金庫や机の引き出し、ドレッサーやタンスの奥の方などにそっと保管されている方も多いようです。

この場合、どこに保管しているかを家族に知らせておかないと、遺言の存在を知らないまま遺産分割が終わってしまって自分の意思が無駄になってしまうということもありえます。

「貴重品をまとめる」というのは、必ずしも一箇所にまとめておくという意味ではなく、どこに何があるのかがわかるように整理して家族に伝える方法をまとめておく、という意味合いです。

今はエンディングノートなどを活用されている方も多くなっています。ご自分の負担が少なくて、それでいて確実に家族に伝わる方法を使いましょう。

写真はDVDやCD、USBやSDカードに移してデジタル化・データ化

遺品整理の中でも、なかなか困りものとして挙げられるのが写真、アルバムです。

写真には思い出がたくさん詰まっているため、なかなか捨てるにも捨てられません。アルバムなどを残しておくにも、重くて場所もとってしまいます。

そこで、思い出を捨てることなく、スッキリ整理できる方法として「デジタル化」や「データ化」がおすすめです。

何百枚、何千枚、数キロにも及ぶ写真をDVDやCD、またはUSBやSDカードにデータとして保存することで、数枚(数センチ内)に収めることができます。

デジタル化・データ化するメリットは省スペース化だけではありません。

写真は時間が経つとどうしても劣化して色褪せてきます。その色褪せた感じも素敵ではありますが、やはりキレイな状態で保存できると嬉しいですよね。

また、デジタル化・データ化しても、必要な時にはいつでも写真を見ることができるので、「捨てる」という精神的負担も軽減されます。

写真やアルバムのほか、ビデオカメラやビデオテープに録画された内容もDVDなどに保存することができるので、たくさんお持ちの場合は検討されてもいいと思います。

大切な思い出だからこそ、捨てることなくいつでも見ることができる状態にしておきたいですよね。

写真やアルバムのデジタル化は、終活に限らず、普段の整理整頓や断捨離の一助にもなりますので、ぜひ活用してみてください。

不用品回収・買取なら断捨離バスターズ タイガーエレファント!

遺品整理には思い出の詰まった物を処分しなければならないという精神的負担がかかります。

家族の負担を少なくするためにも、できるだけ早めに終活にとりかかっておきたいものです。

まだまだ終活には早いと思われている場合でも、家の中を整理整頓して片付けておくと良いこともたくさんありますよ。

不用品を早く処分してしまいたい、できるだけ安く回収してほしいという場合は、ぜひ、弊社、断捨離バスターズ タイガーエレファントにお任せください。

断捨離バスターズ タイガーエレファントでは、ご連絡いただければ早ければ即日対応でお伺いいたします。その場で即日お引き受けも可能ですし、まずは無料見積りだけ、という場合でも喜んでお伺いいたします。

不用品回収・不用品買取のことでお困りごとがありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせをする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイガーエレファント北九州へのお電話はこちらからお願いします