親世代のデジタル機器に残されているデータとは?パスワードがわからない場合の対処法

デジタル機器

パソコン、タブレット、スマートフォン、ガラケー(フューチャーフォン)などをはじめとし、デジタルカメラやビデオカメラなどまで含めると、今や持っていない人の方が少ないとも言えるデジタル機器の数々。

これらのデジタル家電やデジタル機器は、持ち主が亡くなってしまった後には結構厄介なデジタル遺品となることもあります。

前回は、終活や遺品整理でやっておきたい写真のデジタル化についてご紹介しましたが、今回は、デジタルデータの整理や、わからなくなったパスワードの見つけ方のヒントについて見ていきましょう。

デジタル遺品になり得るデータとは?

パソコンやタブレット、スマートフォン、ガラケー(フューチャーフォン)などの中に残されている写真データはもちろん、友人・知人の電話番号や住所なども第三者に漏らすわけにはいかない大切なデータですよね。

パソコンを使って年賀状作成されている方は、パソコンの中に年賀状ソフトなどを入れて、その中に住所録を保存されているのではないでしょうか。親世代のパソコンの中には確実にありそうな重要な個人情報データです。

写真に関して言えば、最近はプリント出力せずにデータとして保存して、パソコンやタブレット、スマホなどで見たいときにいつでも見ることができるようにされていらっしゃる方や、DVDやCD、またはUSBやSDカードで保存・保管されている方も多くなっています。

前回、写真のデジタル化について触れていますので、合わせてご覧ください。
終活や遺品整理でやっておきたい写真のデジタル化

もちろんデジタル遺品になり得るものは写真データや住所録だけではありません。基本的には、パソコンなどのデジタル機器に残されたあらゆるデータや、クラウドに置かれたデータなどがすべて該当するため膨大な量になります。

インターネット通販の買い物でクレジットカード決済をされている場合は、そのクレジットカード情報がデジタル機器に残っているでしょう。これも流出すると悪用される可能性があるので、絶対に漏らすわけにはいきません。

デジタル遺品になり得るデータとして具体的には、

  • 写真データ
  • 年賀状作成ソフトなどに保存している住所録
  • インターネットバンキングなどのパスワード等口座情報
  • クレジットカード情報
  • メール
  • ブログ
  • SNS
  • クラウドデータ
  • ネット上の各種サービスに登録している個人情報および各ID・パスワード

などが一例として挙げられます。

特に注意しておかないと厄介なのが、各種サービスに登録しているIDとパスワードです。

パスワードがわからない!そんな時どうする?

パスワードがわからなくなった場合、本人であればパスワードの再設定や再登録する術を知っているので、そこまで困ることは少ないと思いますが、持ち主本人が亡くなってしまった場合はどうでしょう。

指紋認証やフェイスID、二段階認証などが増えてきた現在、本人以外が認証を解除するのは至難の業です。
かと言って、そのまま放置していると大変です。

定額制のサービスに加入している場合は、解約しない限り毎月もしくは毎年支払いは続きます。使っていなくても払い続けるなんてとんでもないですよね。

定額制のサービスもいろいろあります。その一例をデジタル遺品とはなにか?安全にデジタル遺品を整理する方法で紹介していますので、合わせてお読みください。

パスワードの見つけ方のヒント

さて、故人のデジタル遺品のパスワードがわからない場合は、どこから探っていけば良いのでしょうか。
自分がいなくなった後のことを考えてエンディングノートなどにまとめて残しておいてくれれば良いのですが、記録がなかった場合は以下のことから探ってみましょう。

  • 誕生日(本人、配偶者、子ども、親など)
  • 結婚記念日
  • 手帳、スケジュール帳
  • パソコンの中のメモ機能

エンディングノートのように整理して書いていなくても、手帳やスケジュール帳などに、よく使うサービスのID・パスワードをメモしている場合もあります。

パソコンのロック解除さえできれば、パソコン内にまとめてメモしている可能性はかなり高いです。

各ID、パスワードが判明したら、課金サービスを洗い出して、ひとつずつ解約していきましょう。

写真などのデジタルデータが残っている場合は、必要なものだけわかるように残して、あとは削除するなど整理していきましょう。

SNSやブログなどがある場合は、不要であればアカウントの削除も行いましょう。

デジタル遺品の中身を秘密にしたい

自分がこの世を去った後に、自分のデジタル遺品の中身を知ってほしくない!触ってほしくない!という場合もあるでしょう。

そのような場合は、残された方たちに伝わるように、日頃から意思を話しておいたり、必要最低限のものだけわかるようにノートに記しておくなどしておくと良いでしょう。

定額課金されるサービスは解約してもらう必要があるので、確実にわかるようにしておきましょう。

デジタル遺品整理業務も断捨離バスターズ タイガーエレファント!

大事な思い出が詰まった生前・遺品のデジタル整理に困ったら、断捨離バスターズ タイガーエレファントにご相談ください。

大切なお写真や動画データの高速移行、保存までどうぞお任せください。

デジタル遺品整理業務に対応している店舗など、詳しくはデジタル遺品整理業務をご覧ください。

お問い合わせをする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイガーエレファント北九州へのお電話はこちらからお願いします