引っ越しシーズン前に確認!普段からやっておきたいチェックポイント

家の引っ越し

2020年に入って、早1ヶ月が過ぎようとしています。

もうすぐ春!春といえば、控えているのがお引っ越しのシーズンです。

学生さんの新生活、サラリーマン家庭でも転勤などでお引越しが必要になったり、またはお父さんだけ単身赴任、ということもありえますよね。

いざ引越しが決まった時に、慌てず荷物の整理ができてスムーズに引越し準備ができるようにしたいものです。

今回は、引っ越しシーズン前に確認、準備しておきたいチェックポイントについてみていきます。

引越し準備はかなり大変!

引越しを経験したことのある方は、引っ越しの大変さが身にしみていることだと思います。

引っ越しを伴う転勤があるサラリーマン世帯では、年2~3回くらい訪れる異動シーズンを毎回ドキドキしながら迎えているかもしれませんね。

それもそのはず。
引っ越しとなれば、新居のこと、引越し業者はどこにするか、引っ越しの日程調整など直接引っ越しに関する準備はもちろんのこと、電気・ガス・水道などの手続き、役所での転入出手続き、お子様がいらっしゃるご家庭であれば転校の手続き、免許証の住所変更手続き、クレジットカードや銀行、保険などなど…

手続きをしなくてはならないものが多すぎてパニックになりそうです。

引っ越しすることが決まったときに、落ち着いて引っ越し準備を始めることができるように、これだけは押さえておきたい引っ越しシーズン前に確認しておきたいチェックポイントをまとめてみました。

引っ越し準備の手順については後日まとめますので、今回は、普段からやっておきたい、引っ越ししない人もチェックしておいて損はない内容をご紹介します。

いつでも動けるように身軽にしておく

そんなこと?と思われるかもしれませんが、これが一番重要なポイントだと言っても過言ではありません。

「来週から異動でアメリカに行ってください」と言われるようなことはそうそうないとは思いますが、もしそのような急な異動・転勤があっても、身の回りのものが少ない身軽な状態であれば、引越し準備も手間取らなくて済みます。

いわゆるミニマリスト、とまではいかなくても、ある程度荷物は少ないほうが動きが取りやすいものですよね。

そうは言っても、なかなか荷物を減らすことは難しいものです。

考え方の一つですが、例えばカバン1つに詰め込めるだけしか持って行けないとします。その時に何を入れるか。それがあなたの必要最低限のものです。

もちろん、普段の生活の中では、必要最低限のものだけでは生活がままならないと思います。

そのため、必要最低限のものだけ、とまではいかなくても、物を減らすということは常に心に留めておきたいことです。

「捨てる」「売る」「寄付する」

よし!物を減らすぞ!!
となったとき、捨てること自体、ハードルが高いと思われる方も少なくありません。

物を大切にするあまり「捨てる」ことに抵抗がある場合は、「リサイクルボックスに寄付する」や「売る」という選択肢も視野に入れると実行しやすくなります。

市役所や区役所など、お住まいの各自治体に、衣料品のリサイクルボックスが設置されているところも増えています。

大切に使っているものを無料で寄付するのももったいないから誰か買ってくれないかな?という場合は、フリマアプリやオークションサイト、リサイクルショップやフリーマーケットなどを利用するのも良いでしょう。

ただし、「引っ越しが決まってから不用品を売る」のは難しいです。

フリマアプリやオークションサイトで売る場合、確実に売れるという確証はありません。また、売れるにしても、すぐに売れるとは限りませんし、売れた後の梱包や発送など、様々な手間と時間がかかります。

リサイクルショップであれば安い値段ではあるものの、買い取ってくれる可能性は高くなりますが、お店まで持っていく手間や時間はかかります。ただでさえ引っ越し準備でバタバタ忙しい時に、お店まで運んで査定してもらう時間なんて取れないですよね。

バタバタしなくて済むようにおすすめなのは、例えば洋服や小物雑貨などであれば、そのシーズンが終わるたびに一旦すべてを見直して、今シーズンまったく使わなかったものを処分していく、という方法です。

「処分してから新しいものを買う」ということが習慣づけられている場合は問題ないのですが、服や小物が溜まる一方、という方にはおすすめの方法です。

そのサイクルであれば、リサイクルショップに持っていく時間も十分取れますし、または、ご自分の好きな価格でフリマサイトに出品して売れるのを待つ時間も楽しみも持てますね。

このように普段から物を減らしておく、ということが「動きやすい」「いざという時に焦らない」ということに繋がってきます。

まとめ

急な引っ越しでも焦らず動けるようにするためには、まずは身軽にしておく、ということが必要です。
そのためには、

  • 余計なものは持たない
  • 物を減らす
  • 不要(不用)なものは売る(または寄付する)
  • 大きくて売れないものは粗大ごみに出す
  • 不用品回収業者に依頼して引き取ってもらう
  • 友人・知人に譲る

などの方法が挙げられます。

友人・知人に譲る場合は、相手にとって必要なものであるか、迷惑にならないかなども考慮した上で行動しましょう。

また、いざという時にバタバタしなくて済むように、「シーズンごとに見直して処分する」ということも重要です。
家具や家電などの大型のものに関しては、自治体の粗大ごみとして出す場合は予約が必要ですし、月1回など日程にも制約があります。
自治体の粗大ゴミ回収の利用については、粗大ごみや引越しゴミの処分方法も参考にご覧ください。

不用品の処分は、時間や手間などを考えて、時間があれば自治体の粗大ゴミやリサイクルショップ、時間がなければ不用品回収業者に依頼するなど、自分たちに合った方法を選択するようにしましょう。

断捨離バスターズ タイガーエレファントでは、不用品回収はもちろん、引越しサポートなどの便利屋サービスもございますので、まずは一度、お気軽にご相談ください。

お問い合わせをする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイガーエレファント北九州へのお電話はこちらからお願いします