遺品整理屋から見る新型コロナウイルス感染症について

マスクと地球儀

新型コロナウイルスの影響で亡くなった方の遺品をどのように扱うのか、どのように対処していくのか。私たちも慎重に対処していかなくてはならないと考えています。

感染予防の観点から、私どもも日々の消毒作業を怠らずに続けていきたいと思います。

先月のブログを書いた時点では、新型コロナウイルスの影響が日常生活やあらゆる業界に少しずつ出てきているといった状況だったのですが、あれから1ヶ月過ぎた今、収束する気配なく、感染者数が増え続けています。

今回は、新型肺炎の感染拡大防止のために、知っておきたい、心がけるべき行動についてもう少しお話しさせてください。

新型コロナウイルスは対岸の火事ではありません

日々、深刻度が高まっている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。

この状況下でも、緊急事態宣言やロックダウン(都市封鎖)など、日本には関係ない、日本では緊急事態宣言など発令されることはないと思ってらっしゃる方は多いかもしれません。

ロックダウンに関しては、こちらの記事に詳しく書かれていたのでご紹介しておきます。
新型コロナ、「首都封鎖」で知っておくべき10のこと:日経ビジネス電子版(外部リンク)

感染拡大を防ぎ、医療崩壊から医療現場を救うためには、早めの実施が望ましいという見解もあり、ありえない話ではなくなってきています。

こちらのサイトで現状を見ると、現実味を帯びてきます。
COVID-19 Japan – 新型コロナウイルス対策ダッシュボード(外部リンク)

現実として、緊急事態宣言ではないものの、東京、神奈川、千葉、埼玉などの関東圏や大阪だけでなく、福岡でも「不要不急の外出自粛」のメッセージが知事から発表されています。

みなさんご存じの通り、とても悲しいことに、昨日、タレントの志村けんさんが新型コロナウイルス感染症による肺炎で亡くなりました。

ニュースやSNSなどを見ていると、志村けんさんの訃報を目にし、驚きとともに、あらためて身近な恐怖として感じた方も多いようです。

突然の訃報に、メジャーリーグのダルビッシュ有選手は、

「信じられない。。ご冥福をお祈りします。。」
「君は大丈夫かもしれない。でも君にとって大切な人、誰かにとって大切な人は大丈夫じゃないかもしれない」
「あなたには愛している人、大切な人がいると思います。あなたのその人を見る目はどんなものでしょう。きっと素晴らしい感情だと思います。道ですれ違った、初めて見る人も誰かにとってそういう存在です」

とTwitterに投稿されていました。
ダルビッシュ有(Yu Darvish)さん (@faridyu)のTwitterより引用)

新型コロナウイルスに感染した場合、80%の方は軽症だそうですが、39度の熱にうなされていても軽症に入るそうです。

街頭インタビューで「自分はコロナにはかからない」「かかっても軽症で済むと思う」「一人暮らしだから迷惑かけない」などと答えている人を目にしました。

悪気はなくてもいつの間にか感染していて、自分とはまったく関係のない人に移してしまうかもしれません。その人は自分にとって知らない人でも、誰かにとっては大切な人です。

自分が感染源になって、大切な家族や友だちに移してしまうことも想像に難くありません。

「自分には関係ない」と呑気に構えて軽率な行動をとることが、どれだけ危険なことなのか理解できるかと思います。

さらに知っておかなければならないこととして、悲しいことに、新型コロナウイルス感染症など感染症で亡くなった場合、感染予防のため、そのご遺体は家族のもとに戻ることなく火葬されるということです。お顔を見て最後のお別れをすることすらできません。

「3密」を避けて、手洗いなどの感染予防の徹底を

避けるべき「三密」、「3つの密(みつ)」とは、

  • 密閉:換気の悪い密閉空間
  • 密集:多くの人の密集する場所
  • 密接:近距離での密接した会話

の3条件です。

これらの「密」をできるだけ避けつつ、不要不急の外出を自粛し、引き続き「手洗い」や「咳エチケット」などの感染予防を意識して過ごすことが、今、私たちができること。

感染しない、感染させない、爆発的な感染拡大を発生させないように、一人ひとりができる感染症対策を確実に徹底して行っていくことが大切ですね。

新型コロナウイルスについての詳しい情報は、首相官邸ホームページや厚生労働省HPなど、信頼できるサイトをご覧ください。(外部リンクです)
新型コロナウイルス感染症 ご利用ください・お役立ち情報 | 首相官邸ホームページ
新型コロナウイルス感染症について

前回のブログでトイレットペーパーに関して書きましたが、先日は食料品でも買い占め、買い溜めが起きてしまいました。

食料品は消費期限や賞味期限もあるので、必要な分だけ買うようにしていきましょうね。

デマに惑わされて踊らされることのないよう、正しい情報を得て、落ち着いて行動することを心がけましょう。

私どもタイガーエレファントのスタッフも、感染予防を徹底しながら、日々、みなさまのお役に立てるよう頑張ります!

お問い合わせをする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイガーエレファント北九州へのお電話はこちらからお願いします