空き家のやしきもり

空き家のお困りごと解決します!

空き家の救世主、タイガーエレファントの屋敷守りサービスを活用すれば、空き家のお困りごとがワンストップで解決!
増加する空き家と5つのリスクが常態化する前に空き家の管理に力を入れましょう!

ほったからしにしている空き家の5つのリスク

その1:火災

放火や自然発火などによる空き家の火災は、隣家を巻き込む大火災になる可能性が高いです。
それに伴う空き家の持ち主に賠償責任が発生してしまいます。

その2:倒木

akiya-touboku
空き家の敷地内に庭や植木などがある場合、その庭の木の管理ができず伸び放題になることがあります。その時、木や枝が折れ隣家や車を破損させたり、通行人に怪我をさせたりする可能性が高くなります。

その3:倒壊

誰も住んでいない木造建築は通気や換気がされず劣化が早いと言われています。特に、近年の大型台風に伴う倒壊は増えています 。

その4:治安の悪化

akiya-chian
誰も住んでいない空き家は、不法侵入や不法投棄などの犯罪に利用される懸念があり、地域の治安を著しく悪化させる恐れがあります。

その5:資産価値の低下

空き家は放置すると劣化が早まり賃貸にまわすにも修繕費用が掛かるため家賃が下がります。

空き家のやしきもり

空き家の窓口管理サービス

基本プラン(税込)
2,000円/月(24,000円/年)
  • 近隣からのクレーム窓口代行(適切な処置をお客様に助言)
  • 近隣挨拶代行・内外装点検・修繕業者手配・段取り手配進捗管理全てお任せ下さい。(事務手数料工事手数料の8%)
屋敷守りプラン(税込)
10,000円/月(120,000円/年)
  • 近隣からのクレーム窓口代行(適切な処置をお客様に助言・近隣挨拶の代行など)
  • 月1回見回り・写真報告書提出
  • 電話相談月1時間2回まで(不動産売却問題や賃貸貸し出しなどの有益な情報共有および現状の悩みなどお伺い致します)
  • 修繕業者手配・段取り手配進捗管理全てお任せ下さい。(事務手数料なし)

空き家の現状(空き家特別措置法とは)

空き家特別措置法とは、平成26年に制定された法律で、正式名称は「空家等対策の推進に関する特別措置法」といいます。この法律の目的は、地方公共団体が空き家対策を行うことについて法的な拠を与え、対策を行うことを可能にすることです。具体的には、以下のことを定めています。

  • 国が策定した空き家対策に関する基本指針に基づき、市町村が空き家対策計画を策定すること
  • 市町村長は空き家の調査を行うことができ、そのために固定資産税の内部情報を用いることを可能としたこと
  • 特定空き家については、市町村長は除却、修繕、立木の伐採等の助言、指導、勧告、命令を行うことができる
  • 市町村の空き家対策への国からの補助
お問い合わせをする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイガーエレファント北九州へのお電話はこちらからお願いします